食育について

魚にしかない大切な栄養素

血液をサラサラにして脳細胞をつくる栄養素DHAは、魚介類にしかないんだよ。
DHAはお魚だけがもっている栄養素(高度不飽和脂肪酸)です。
血液の血小板凝集を阻害し血栓を出来にくくしたり、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。



魚は子供の切れを防ぐ
近年少年犯罪や校内暴力などが社会問題化し、キレル子供が増えていますが、その原因としてカルシュウム摂取の不足が指摘されています。カルシュウムには脳神経細胞の安定をはかる作用があり、いかなご、わかさぎ、ししゃも、といった小魚に多く含まれています。

エスキモー人の主食は魚を食べているアザラシ。彼らには、高血圧症や心筋梗塞の人が少ないんだって。

EPAは、すばらしい働きをする高度不飽和脂肪酸で、魚介類だけに含まれている栄養素です。血液中のコレステロールに作用して、HDL(善玉)コレステロールを維持したまま、LDL(悪玉)コレステロールだけを減少させる特殊な働きをします。以下の効能が期待できます。

  • ・脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病を予防する。
  • ・血小板の凝集をおさえ、血液をサラサラにする。
  • ・血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、動脈硬化や脂肪肝を予防する。

DHAやEPAを多く含む魚介類 可食部100gあたり(単位:mg)

魚類 EPA DHA
まぐろ(トロ) 1,290 2,880 4,170
さば 1,210 1,780 2,990
ぶり 899 1,780 2,679
いわし 1,380 1,140 2,520
さんま 844 1,400 2,244
うなぎ 742 1,330 2,072
にしん 989 862 1,851
くじら(ベーコン) 971 811 1,782
さわら 480 1,190 1,670
さけ 492 820 1,312

※科学技術庁「日本食品脂溶性成分表」より.

ページトップへ

新鮮な魚の見分け方

.

ページトップへ

刺身の豆知識

切り身のパックの場合はラップフィルムに包まれているので、店の雰囲気や照明のために色の見分け方がむずかしい場合が多いものです。
パックを手にとり、かたむけて液汁の少ないものを選びましょう。古いものほど赤紫色の液汁の量が多いはずです。もちろん加工年月日の確認も忘れずに。

マグロの刺し身は日本の食文化の最大の傑作といっても過言ではないでしょう。
このマグロにはクロマグロ(本マグロ)、ミナミマグロ(インドマグロ)、メバチ、キハダ、ビンナガなどの種類があります。

  • クロマグロ・ミナミマグロ は一般的に味も色も濃く、身は固めです。冷たい海を好むため脂がのって大トロがとれます。
  • メバチ は身は柔らかめですが、色、味は濃い目で脂ののりも良く、関東、東北など東日本で好まれるようです。
  • キハダ は身は固めで色は薄く味が淡白で、関西など西日本で好まれます。
  • ビンナガ は色が薄い乳白色からピンク色で身は極めて柔らかく、味はもっとも淡白です。

この他、赤みとトロといった部位によっても味わいが異なりますから、一口にマグロといってもその味わいはバラエティーに富んでいます。

また、お刺し身には醤油とワサビしか似合わないと思い込んでいませんか?
醤油のない時代には酢のバリエーションで食べました。 味は高級感を引き立ててなかなかの味を出します。
現代風ではマヨネーズをベースにしたものも人気があります。甘みそを同量のみりんと半量のダシ汁で伸ばし、和辛子をお酒で伸ばした辛子みそも合います。一度試してみてください。



.

ページトップへ
次回足立市場の日はこちらをクリック!!
千住の魚河岸 おすすめのお店紹介
お問い合わせ お問い合わせはこちらから 電話でのお問い合わせ 03-3879-2750
営業日カレンダー

1月

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2月

    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

3月

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カレンダー凡例
     pagetop